FC2ブログ

お気に入り


最新記事


ママ楽 公式サイト


プロフィール

クマ楽(隈元京)

Author:クマ楽(隈元京)
「ママ楽ライフサポート」代表。
1979年鹿児島県出身。買い物依存症で全く片付けられない祖母のおかげ(?)で、小さい頃から散らかった場所を見ると自然と体が動いてしまい、いつの間にかスッキリした空間を作り出す体質になる。
大学進学を機に上京し、派遣社員、フリースクールの教師、英語学校の教師などを経て2014年春にママ楽ライフサポートを設立。3回のルームシェア歴を含め、これまでに9回の引越しを経験する中から、さまざまな広さ(一軒家やアパート)や住み方の中でどのようにすればより心地よい空間を作ることができるのかを学ぶ。
また年代を問わず人の話を聞くのが大好きで、一緒に時間を過ごしながら相手の方の心が整理されて、その人らしい輝きを放ち出すお手伝いをすることを喜びとしている。


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


facebook


最新トラックバック


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

頑張る女性の応援団、
ママ楽ライフサポートの、

整理収納コンシェルジュ★クマ楽 ですクマ「はーい」



今年初の更新になります

かれこれ2カ月半もブログを放ったらかしにしてしまいました・・・

すみませんクマ「ごめん2」


私は、さらさらっと文章を書けるような者ではないので、

「ちゃんと書かなきゃ!」と思うと、

ブログ更新にとてつもない時間がかかってしまって、

いつの間にか後回し後回しで今日まで来てしまいました・・・クマ「じー」
(常にTo Doリスト最後尾 クマ「苦笑い」

なので去年の反省から、

今年は「無理せず」「短く」「マイペース」に更新することにしました~リラックマワイン


え?いつもマイペースじゃん!って???


ええクマ「サングラス」

今年はそれにさらに磨きをかけて

「わたしらしく」
(マイペースを言い替えただけ・・・)

ブログと向き合っていきたいと思いますクマ「サングラス」
(大袈裟~)

夜露死苦ぅぅぅ~クマ「サングラス」



(向き合い方が間違ってる・・・)



では、また!!クマ「はーい」
おはようございます。
頑張る女性の応援団
ママ楽ライフサポートのクマラクです。

セブン

みなさん、お盆weekをいかがお過ごしですか?

実家に帰省されている方も多いでしょうね。

私は実家がある鹿児島には帰らず、
ココ栃木で過ごしておりました。

お盆をふるさとで過ごしていないせいか、
何となく、ふるさと鹿児島のニュースが気になりまして、
ネットで検索してコノ記事を見つけました。

「セブンイレブンが鹿児島限定商品を新発売」

鹿児島名物!鶏飯黒豚味噌おにぎり

「鹿児島県内への出店3周年を記念して、
鹿児島の郷土料理など
県民になじみの深いメニューを使った
新商品を限定発売した。(鹿児島経済新聞)」

「メニューは、
【鹿児島名物!鶏飯】
(鶏ガラをじっくりと煮込んだ特製スープに、鶏肉、錦糸卵、漬物、シイタケ、ネギを彩り豊かに盛り付けたもの)
【銀しゃりむすび 黒豚味噌】
【スープが決め手!鹿児島風ラーメン】など5品。」



・・・・クマ「じー」 クマ「じー」 クマ「じー」


食べたーい!!
食べたいよー!!



もちろん鹿児島に限らず、
コンビニではよく「ご当地物商品」が並んでいますよね。

ココ栃木にも、もちろん並んでいます。

でも、でも、
どうしても心からのアレが言えないんですよ。


「あ~あ、そうそう、こういう味だよね~」


っていう、
地元民にしか分からない微妙な感覚コメント。


昔から食べてきた懐かしさと、
各家庭で微妙に味付けが違うことの経験値と、
それを商品として一般化した時に、
落とし所として出来上がる味をなんとなく理解しているからこその、


「あ~あ、そうそう、こういう味だよね~」


っていう、あのコメントです。


小さい頃から口にしている味というのは、
不思議と舌がしっかりと記憶していて、
どこに住んでいても、
何年経っても、
懐かしい味を求めちゃうものなんですね。NHK.gif

幼い頃に食べてる物って大切なんだな~と思わされます。

あー、私も心からのあのコメントを言いたい!!



さてさて今回の鹿児島限定商品は、
この夏の期間限定商品のようなので、
まだ帰省できない私はあきらめて、

懐かしい味を思い出しつつ、
自宅で再現して食べることにしまーすNHK2.gif


この夏、鹿児島に行く人がいましたら、
是非、この商品を現地で食べていただいて、
私に感想を教えてくださーいうさぎ「嬉しい」


クマラク


こんにちは。
頑張る女性の応援団、
ママ楽ライフサポートのクマ楽です。

アナと雪の女王

先週の土曜日、夕方遅くに近所のスーパーに行きました。
夏休みということもあってか、
店内は結構な数が家族連れ。人「家族」

私が調味料コーナーで探し物をしていると、
あるご家族とすれ違いました。

彼らは4人家族で、
先頭の方に5~6歳くらいの娘さんとお母さん
そして少し離れて後方から、
子供用カートに乗った2~3歳くらいの娘さんと、
そのカートをゆっくりと押して歩くお父さんが続きます。

夏休みの週末ですから、
たぶん、どこかへお出かけした帰りだったんでしょうね。

お父さんは心なしか少し疲れが見え隠れ。感情「疲れる」
お母さんは夕飯づくりの焦りとお出かけの疲れのせいでしょうか、ちょっとイライラした感じ。キモ「イライラ」
一方の子供たちは、まだまだお出かけモード全開のテンション。記号「アップ」


前方を歩くお姉ちゃんがママにおねだりします。

姉 「アナと雪の女王、買っていい?
   ねえ、アナと雪の女王は買っていい?」

アナと雪の女王2

どうやら、「アナと雪の女王」関連のお菓子を狙っているもよう・・・。

ママ 「え?何?欲しいの?
    も~、早くして!どこにあるの?
    買うなら早くもって来なさい。」

お母さん疲れてるし、時間なくて焦ってるからね。
確かにこういう時は、
便乗買いに乗っかれるチャンスなんだよね~
よく分かってるなあ、お姉ちゃん。キモ「ニヤリ」


すると、何かを察した小さな妹がすかさず叫びます。

妹 「パパ、アナと、あなと、じょーおー!!」

まだ小さい妹は、姉の言葉を一生懸命に真似ようとします。
でも、どうもうまく話せません。
しかし、お姉ちゃんだけが何かをゲットしようとしている!
という、その危険な空気は察知していますから、
遅れをとるまいと、パパに必死で単語を叫びます。

妹 「パパ、あなの、ゆき、あなの、じょーおーは?」

パパ 「うん?何?」

妹 「パパ、あなの、ゆきの、じょーおーは?」

パパ 「あなのゆき?」


妹 「パパ、あなたの ゆきの じょーおーは?







パパ 「・・・・ママだよぉ

雪女1







夕方遅くのスーパーで、
すれ違いざまに聞こえた、
ほんの20秒ほどの会話。

いろいろな涼しさを感じた土曜日でした。



クマ楽

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。